つび

Definition from Wiktionary, the free dictionary
Jump to: navigation, search

Japanese[edit]

Pronunciation[edit]

Noun[edit]

つび (romaji tsubi)

  1. female genitalia; vagina
    • 931-938: Wamyō Ruijushō (book 2 page 46)
      玉門 房内經云玉門、女陰名也、按謂女陰爲玉門、見外臺秘要引素女經及病源候論婦人帶下候、楊氏漢語抄云、尿、通鼻今案俗人或曰朱門並未詳
    • c. 1177-1188: Iroha Jiruishō
      ツヒ 玉茎玉門等之通称 尿 開 玉門 朱門 玉泉
    • 1254: Kokon Chomonjū (volume 16, episode 544)
      彼女がつかひける物の中に、つくしの女ありけり。[...] 「其つくしの女、われにあはせ給へ。たえがたくゆかしき事侍り」といへば、妻のことふるやう、 「[...] 何事の床敷てかくはのたまふぞ」といへば、盛廣、「いまだしりたまはぬか。つびはつくしつびとて、第一の物といふなり。」
    • 16031604: Nippo Jisho (page 621)
      Tçubi. ツビ (開) 女子の陰部。卑語。
    • 1775: Butsurui Shōko (page 30)
      陰 へへ つび 奥羽及越路又尾張邊にて べべといふ 關西關東ともにべゞといふは小兒の衣服の事なり 下總にてそゝといふ 此外男女の陰名國々異名多し 略す 江戸にて物のそゝけたつなどいふ詞有 和泉及遠江邊にてはぼゞけたつと云。江戸にてはさはいはれぬことばなり

Synonyms[edit]

References[edit]